名刺にも、和紙で安らぎを求める時代?

忙しい毎日を過ごす社会人には安らげる時間が必要とも言えます。
しかし安らぐ時間を取ることもできずにいることが辛いですよね。
それならば、仕事中に安らぎの時間を作ることはできないのでしょうか?

名刺の紙を和紙に替えてみてはいかがでしょうか?
和紙には独特の柔らかさがあり、プリンタの印刷では真似できない味わいがあります。
触るとやわらかく、ほんの少しぬくもり感じられる和紙。そんな和紙を使った名刺は、和紙の持つぬくもりと自然美が癒しと安らぎを感じさせ、差し出す側も受け取る側も癒されます。
和紙ですと印刷しなくとも、手書きするだけでも十分に素晴らしいものになります。
印刷よりも手書きの方が心がこもっていると感じることができます。
和紙はその高級感や格調・格式、華麗さから人気で、名刺として使用する方も増えています。
自分で和紙を使ったものを作ろうとしても、家庭用プリンタでは綺麗な印刷をすることができません。
もし自宅で印刷するのでしたら、まずは一枚印刷して確認してから購入するようにしましょう。
せっかくの綺麗な和紙ですので、無駄にならないようにしてください。

今は和紙を使って印刷してくれる業者も増えています。
業者に頼みますと、和紙の特性上印刷が難しいこともあり、オフセット印刷となっている業者が多く、普通の名刺を印刷するよりも割高に設定してある場合が多いです。
しかし出来上がりは、格別なものとなっているはずですので、損はしないはずです。

*このサイトは現在準備中です